マスターカードのデビットカードは東京スター銀行が発行していた

現在はサービス提供が終了しております。

MasterCardデビットカードは株式会社TSBキャピタルが東京スターデビットカードとして発行しておりました。

デビット機能付インターナショナル・キャッシュカード:東京スター銀行

2003年7月8日に東京スター銀行が日本で初めてMasterCard の3ブランド(MasterCard マスターカード・maestroR マエストロ・CirrusR シーラス)を取得して話題となり、2003年度末に東京スターデビットカードが発行されましたが、2008年12月31日でサービスを終了しております。

2016年1月時点ではMasterCard としてのデビットカードは発行されていない為、デビットカードの代わりとして利用するのであればプリペイドカードでの対応となり、国内で使える、マスタープリペイドカードは以下の3つとなります。

au wallet(ウォレット)

au WALLETカード (KDDI回線の個人名義の方のみ申込みが可能)
ご利用200円毎に1WALLET ポイント(還元率0.5%)がたまる
1WALLET=1円として使える
auスマホからかんたんチャージ

オリコプリペイドカード

オリコプリペイドカード (チャージ手数料200円/回)
ご利用金額の0.25%を現金キャッシュバック
オリコポイントを1オリコポイント=1円として使える
オリコカードなら手数料無料でオートチャージが可能

WebMoney Card WebMoney(ウェブマネー)

WebMoney カード
年齢制限なしで作ることができる
チャージ手数料が無料

プリペイドカードは一度、チャージをすると返金ができない為、残高が少額の場合など、使い
きれないデメリットがございます。VISAデビットカード/JCBデビットカードなら、銀行口座と直結の為、チャージの必要もなく、少額でもお金を下ろしたりなど、使いきることが可能です。

VISAデビットカード比較TOPに戻る

スポンサーリンク
アドセンス336×280