日本初!三井住友カードがVISAデビットカード『SMBCデビット』を発行

SMBCデビット(国際ブランド(Visa)付きデビットカード)|三井住友銀行

2016年8月15日に三井住友カードが三井住友銀行と共同し、三井住友銀行に普通預金口座を保有する満15歳以上の個人を対象とした新商品「SMBCデビット(国際ブランド(Visa)付きデビットカード)」の発行を10月下旬より開始する予定であると発表した。

クレジットカード会社が発行会社で銀行と共同発行を行う日本初のデビットカードとなります。

ショッピング利用金額の0.25%を決済用の普通預金口座に毎月自動でキャッシュバックや、ショッピング保険や不正利用保障も付帯されます。

さらに2017年春頃には、コンタクトレス(非接触)決済が可能なSMBCデビットの発行も予定している。

三菱UFJ銀行が2013年11月20日にVISAデビットカードを発行して以来のメガバンクでのブランドデビットカードです。

以下、三井住友銀行のプレスリリース

国内クレジットカード会社(三井住友カード)初の国際ブランド付きデビットカードを発行

三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、社長:久保 健、以下:三井住友カード)は、株式会社三井住友銀行(本社:東京都千代田区、頭取:國部 毅、以下:三井住友銀行)と共同し、三井住友銀行に普通預金口座をお持ちの、満15歳以上の個人のお客さまを対象とした新商品「SMBCデビット(国際ブランド(Visa)付きデビットカード)」(※1)の発行を、2016年10月下旬(予定)より開始いたします。

本サービスは、日本で初めてとなる、クレジットカード会社が発行会社となり銀行と共同発行を行うデビットカードです。三井住友フィナンシャルグループとして、Visaカードに関する様々なノウハウを最大限活用するため、日本におけるVisaのパイオニアである三井住友カードがサービスを提供いたします。

現金が手元になくても、手数料無料で預金口座残高の範囲内でお買い物をすることができる、という従来のデビットカードの特色を備えることはもちろん、お客さまがより安心して、そしてより快適にショッピングを楽しんでいただけるカード決済サービスを提供いたします。

本カードは200以上の国と地域のVisa加盟店やインターネットでの決済でご利用いただけるほか、海外のATMでは現地通貨によるお引き出しが可能となり、外貨両替の手間を省くことができます。

さらに2017年春頃には、コンタクトレス(非接触)決済が可能なSMBCデビットの発行を予定しており、さらに快適な決済環境の整備を図ってまいります。

尚、三井住友カードは、今般のクレジットカード会社と銀行による共同発行スキームを、全国のVJA(※2)グループ各社へ向けて積極的に展開してまいります。

三井住友カードは、今後もお客さまにより良い商品・サービスを提供できるよう、三井住友フィナンシャルグループのグループ企業との協働を推進してまいります。

参照元:http://www.smbc-card.com/mem/company/news/news0001189.jsp

VISAデビットカード比較TOPに戻る

スポンサーリンク
アドセンス336×280