福岡銀行 Debit +(デビットプラス)nimocaを発行

福岡銀行店舗

2016年秋の商品化を目途に福岡銀行のICキャッシュカードにJCBデビット機能+交通系ICカード「nimoca」の機能を搭載した国内初のデビットカードとなります。

スマートフォンアプリ iBank(仮)も同時に提供も予定しており、日々の収支管理やクーポンの発行など、福岡銀行ならではの新しい貯蓄体験の提供を目指しております。主に使える機能は以下5点の予定となります。

福岡銀行 iBank①日々の残高および収支の管理(カード利用情報の取得・表示を含む)
②目的別預金(貯蓄機能)
③カード決済情報と連動したクーポン利用(Card Linked Offer)
④ポイントサービス(付与・交換)
⑤ライフスタイル&ライフイベントに関する情報コンテンツ配信

JCBデビットカードは国内外2,800万店のJCB加盟店で利用することができ、ご利用決済後、すぐに銀行口座から直接引落しとなるため、使いすぎの心配がないカードになります。

また、海外ではJCBやCirrusマークのあるATMから現地通貨で現金を引き出すことができます。

以下は福岡銀行 Debit +(デビットプラス)の詳細情報となりますので合わせてご確認ください。

以下、福岡フィナンシャルグループのプレスリリース。

交通系ICを搭載したデビットカードの発行について【ご参考】
スマートフォンを活用した金融サービスプラットフォームの構築

株式会社ふくおかフィナンシャルグループ(本社:福岡市、代表取締役社長:柴戸 隆成、以下: FFG)は、FFG傘下の株式会社福岡銀行(本社:福岡市、頭取:柴戸 隆成、以下:福岡銀行)において、 西鉄グループ(本社:福岡市、グループ代表:倉富 純男、以下:西鉄)および、株式会社ジェーシー ビー(本社:東京都、代表取締役兼執行役員社長 浜川 一郎、以下:JCB)との間で、西鉄が発行する交 通系ICカード「nimoca」を搭載した「デビットカード」(以下:本商品)の発行について、2016年秋の 商品化を目指すことで基本合意をいたしましたのでお知らせします。

デビットカードは国内外約2,800万店(※1)のJCB加盟店において、キャッシュレスでお買い物ができ、 ご利用の都度お客さまの指定口座からお引き落としをすることから、使い過ぎの心配がなく、現金感覚 でご利用いただける商品となります。

更に、本商品は、デビットカードに交通系ICカード「nimoca」を搭載することにより、電車・バス等 の公共交通機関での移動や、nimoca加盟店での電子マネーによるお買い物等、日常生活の様々なシーン でご利用いただける利便性の高いカードです。交通系ICカードを搭載した国際ブランドデビットカード の商品化は国内初の取組みとなります。

参照元:http://www.fukuoka-fg.com/news_pdf/20151222_debit.pdf

VISAデビットカード比較TOPに戻る

スポンサーリンク
アドセンス336×280