VISA(JCB)デビットカードのETCカードの発行はできるのか?

ETCレーン

高速道路の料金所でスムーズに通過できるETCレーン。ETCを使えば、高速道路代が割引にされたりと何かと便利ですね。

ETC(Electronic Toll Collection System)とは高速道路の料金支払いを自動化するシステムとなります。

車にETC装置の設置と、料金決済の必要情報がインプットされた専用のカードを装着して有料道路のETCのレーンを通過すると電波によって自動精算され、支払いの為に車と止めることなく、そのまま走行することができます。

通過するために必要なETCカードはクレジットカードを作ると、付属して作成することができますが、VISA(JCB)デビットカードはクレカと同じように作成できるのでしょうか??

結論、VISA(JCB)デビットカードはETCカードを作成することができません。

それでは なぜ?、作成することができないのでしょうか。

VISA(JCB)デビットカードはETCカードを作成できない理由

ETCカード自体、即時決済ではなく後払いの仕組みを採用しております。その為、VISA(JCBデビットカードのような即時決済システムの場合、残高不足時には決済さず、通行ができない状態を作ってしまうことになります。

ETCの目的は渋滞の回避の為ですので、残高不足の車がいると逆に渋滞を引き起こしてしましますのでVISA(JCB)デビットカードはETCは今後も作成できないと考えられます。

では、デポジット方式ならば作成することが可能なのでしょうか。デビットカードではデポジット方式は無いですが、ETCパーソナルカードであれば事前に保証金を支払うことで、作ることができます。

ETCパーソナルカードとは

ETCパーソナルカード

ETCパーソナルカードとは、高速道路会社が共同で発行しているETCカードです。クレジットカードとしての機能のないETCカードですが、デポジット(保証金)を預託する必要があります。

なので、ETCパーソナルカードはクレジットカードの与信を取らない代わりに、保証金で発行できるETCカードなのです。

⇒ ETCパーソナルカードの詳細を確認してみる

まとめ

どうしてもETCカードを作りたい場合はクレジットカードを作成するしか、現状では方法がないようです。

最近ではアルバイトやパート、主婦でも審査が通るクレジットカードある為、クレジットカード経由でETCカードが作れます。

クレジットカードの審査が不安!そんな方にお薦めのETCカードを紹介します。

▶ 楽天ETCカード

楽天ETCカード

年会費540円(楽天プレミアムカードの場合が年会費無料)楽天カードの楽天ETCカードは、通行料金100円につき1楽天ポイントがたまります。少額な通行料金でも100円ごとにたまる為、ちょっとしたドライブで高速道路を使う場合、楽天ETCカードでお得にためましょう!今ならキャンペーン実施中!
⇒ 楽天カードを確認してみる

VISAデビットカード比較TOPに戻る

スポンサーリンク
アドセンス336×280